社員紹介 | 建築事業本部 設計本部 長谷川 博一 | 矢作建設グループ 採用情報

大勢の人の道しるべとなれる設計を目指して 大勢の人の道しるべとなれる設計を目指して

MESSAGE

自分が書いた図面を皮切りに建物がつくられていく 自分が書いた図面を皮切りに
建物がつくられていく

現在の仕事は建築の意匠設計です。担当者として商業施設や物流倉庫・工場、事務所等についての計画地の調査、顧客との打合せやプランの提案、図面の作成を行っています。図面が完成すると見積もりを他部署へ依頼し、要望の予算に沿っているかどうかのチェックを社内で行います。また工事段階に入ると内装提案などで設計として関わっていきます。一つひとつの要望に対して丁寧に対応を行い、それらの経験を生かして設計力を上げていきたいと考えています。

「あんたの意見が聞きたいんだ。」

  • 私が工場の新築工事を担当していたときにお客様に言われた言葉です。内装プランを複数用意して、さぁ決めてくださいというときでした。淡々としたプランの説明は今思えばお客様にとって、「で、どれがいいの?」となるような選びづらいものでした。その言葉を投げかけられた私は『設計者はお客様に期待されている』ということを痛感しました。お客様の期待に応えるためには、未来を提案しながらよい結果へ周囲の人を導いていく力が必要です。今では自分の知識や感性とお客様の目線を重ね合わせながら、建築の完成に向けて自分らしい提案も行い、お客様の力になっていきたいと考えています。

自分もこの会社で「新しい挑戦」に携わりたい! 自分もこの会社で
「新しい挑戦」に携わりたい!

  • 選考時に経営陣から「他社との違いを生み出そう」と新たな挑戦をしていると聞きました。その時、自分も一員となってその「新しい挑戦」に参加したいと思いました。実際に入社をしてみると、上司や先輩方が挑戦に対して前向きなこともあり、私自身もプロジェクトに参加させてもらえるようになると、すぐに自分自身がチームの一員として新しい挑戦をしていることを実感できました。今では、当時よりもプロジェクトの中心により近づいていると感じています。これから入社してくる後輩たちにも、同じような期待を感じられるような組織にしていきたいと微力ながら思っています。

設計で人を幸せにしたい!

  • 白紙に図面を書く仕事を通して、顧客や建物を使う人も含めてそれに関わる人たちが前向きな気分になってくれるような人物になりたいです。入社時点では設計で人を幸せにしたいと漠然と考えて大見得を切っていましたが、今ではなんだかそれが実現できそうな気がしています。社内、社外の情報をできる限り取り入れて、常にまわりの人がやってやろうと思えるような、みんなを引っ張っていけるような設計者でありたいです。

キャリアステップ
  • 1年目

    上司の指導の元、図面制作業務やコンペ案件に従事し、設計の基礎を学ぶ。

  • 4年目

    商業施設や事務所施設の設計を中心に携わり、一般建築の設計を学ぶ。

  • 現在

    係長として、物流施設の設計を中心に、設計主担当となる。

1日の流れ

POLICY 「仕事のこだわり」 POLICY 「仕事のこだわり」

ひとりでは何もできない。常にそう考えています。学生や社会人の始めの方は、早く 一人前になろうとか、早く知識を身に着けようと自分のことばかり考えていました。しかし、 だんだんと関わる仕事の範囲が広くなり、関わる物件の規模が大きくなるにつれて、 チームメイトや自分の役割を認識するようになりました。そのような中で、関わる人たちの 役割を明確にとらえて、最大限の力が発揮できるよう自分の仕事にも責任を持つとともに、 相手の仕事がやりやすくなるよう配慮しています。

STAFF

エントリーはこちら エントリーはこちら