同期社員座談会 | 矢作建設グループ 採用情報

同期社員座談会

若手社員に矢作建設工業についてきいてみました。

member

  • 河瀬 佑亮
    河瀬 佑亮建築事業本部
    施工本部

    座右の銘七転八起

  • 成瀬 実穂
    成瀬 実穂本店
    営業本部

    座右の銘楽しくするのも、
    つまらなくするのも
    自分次第

  • 兼松 朋恵
    兼松 朋恵建築事業本部
    設計本部

    座右の銘人に喜ばれる
    建築を設計する

  • 内藤 寛也
    内藤 寛也土木事業本部
    土木施工本部

    座右の銘率先垂範

矢作建設工業に入社した理由は?
内藤内藤

実は、大学内で行われた企業説明会で初めて矢作建設工業という会社があることを知りました。そこからいろいろ調べていくうちに、東海エリアの中でも建設業界の中ではトップ企業であることや、普段から利用している名古屋鉄道の仕事にも携われるということが決め手になりました。

街づくりに関わる仕事がしたいと思っていたので、就職活動では、建設・不動産業界の企業を志望していました。また地域密着で働き、地元の地域活性化に貢献したくて、地元に本社を置く矢作建設工業に興味を持ち、入社を決めました。

成瀬成瀬
兼松兼松

ゼネコンでありながら建築設計に力を入れているところです。私は「お客様に寄り添った設計がしたい」という想いがずっとあって、設計施工率が高い矢作建設工業ならできるんじゃないかなと思ったからです。

最初は、建築系の仕事に就こうという抽象的な気持ちで就職活動をしていて、明確にゼネコンでという想いはなかったです。一番の決め手は「大きな建物をつくりたい!」という気持ちがあったからです。

河瀬河瀬
対談
仕事のやりがいは?
兼松兼松

私は、最初は机の上で黙々と検討していたものが、実際に建物が建ちあがる様子は、当たり前のことかもしれませんが毎回とても感動します。その分、図面の線1本でさえも与えられた責任の大きさを実感します。

やはり外部足場が解体されて建物が見えた瞬間は「出来上がったなー」という感動とやりがいを感じます。無事竣工できたときは、辛かったことを忘れ、頑張ってきたことを思い出し、素直にやってよかったなと思えますね。そういうのを最前線の現場で見られるというのは何事にも代え難い嬉しさがあります。

河瀬河瀬
内藤内藤

自分が考え抜いて施工したものが形として残るということが、この仕事のやりがいだと考えています。土木現場は規模も大きく、決められた期間とお金で高品質なものを作るのは大変ですが、やりきった後、自分が完成させたものを見たときの達成感は想像以上です。

今関わっている商業ビルの計画では、ビルのコンセプトやテナントリーシング等をお客様と相談しながらその土地に本当に必要とされる建物になるよう考えています。より良い方法を探し、より良い建物を作っていく過程は楽しくやりがいを感じます。また、現場の方たちと違って毎日建物を見られるわけではないので、「もうこんなにできてる!」ってびっくりすることもあります(笑)

成瀬成瀬
対談
矢作建設工業はどんな会社?
内藤内藤

私が思う矢作建設工業は「一致団結」という思いが強い会社であると感じています。どのようにすれば現場がうまくいくか、どうすればより効率的な施工が出来るかなど、実際に現場で働いている人だけではなく、本社スタッフも含め全員でいいものをつくろうと努力しています。

矢作建設工業の社員はその道のプロとしての責任を持っていて頼りになる方ばかりなので、周りの人に恵まれていると日々感じています。また、面倒見のいい方が多く、若手でも意見や要望を言えば耳を傾けてもらえるのが当社の社風だと思います。

成瀬成瀬
兼松兼松

仲間を大切にする会社だと思います。他部署との連携も多いので建物を完成させるまでに、多くの人の小さな力をひとつにあわせ、大きな力にすることで、建物を竣工へと導きます。チーム一丸となり業務を行っていく中で、お互いの個性を尊重しチームとしての力を発揮しているのだと感じます。

個性豊かな人が多く、楽しい会社です。それでいて気を引き締めるときはしっかりと引き締める、休むときは休む、とメリハリのある会社だと思っています。また、社員一人ひとりのやる気が高いので、まだまだ成長できる会社だと私は思っています。

河瀬河瀬
対談
今後の夢または目標を教えてください。
内藤内藤

ぼくは、同期の中で誰よりも早く所長になることが目標です。同期は大切な仲間であり、良きライバルなので負けられないという気持ちを常に持っています。

「あいつに任せれば大丈夫」といわれるようなかっこいい所長になりたいです。今の上司のように後輩にアドバイスや指導ができるよう、リーダーシップを取っていきたいです。入社当時に比べて、所長になりたいという気持ちは、仕事を覚えれば覚えていくにつれ、強くなっています。

河瀬河瀬
兼松兼松

現在はひとつの案件に対して主担当者の補助として仕事に関わっているので、将来的には主担当として計画から竣工まで一貫してやり抜きたいです。

今は上司と動くことが多く、お客さまからの連絡も上司にいくことが多いので、「矢作の成瀬に相談しよう」と思ってもらえる存在になることです。そして、人々に喜ばれる建物を生み出していきたいと思っています。

成瀬成瀬
対談
皆さんにとって同期とは?
河瀬河瀬

私にとって同期はとても大切な存在です。共に頑張る仲間であり、競い合うライバルであり、相談し合える友でもあります。同期に仕事の悩みを相談すると気持ちが晴れるものです。私は同期がいてくれるからこそ、高いモチベーションで仕事が続けていけます。

同期は仲間であり良きライバルです。久しぶりに同期に会い仕事について話をすると、負けられないという気持ちが込み上げてきます。しかし、困ったときに一番話を聞いてくれる存在でもあるので、辛い時や壁にぶつかった時も助け合える存在です。

内藤内藤
兼松兼松

同期が頑張っている姿を見ると、自然と私も頑張らなきゃなと元気がでます。近頃は一緒に仕事をすることもあり嬉しくも思いますし、困ったときは助け合える頼もしい存在です。

自分が担当している案件で、設計や施工担当に同期がいると嬉しくなると同時に、頑張っている姿を見て自分も負けていられないなと思います。女性の同期は少ないですが、ランチをしたり休日に遊びに行ったりと仲がよく、部署は違えどなくてはならない存在です。

成瀬成瀬
女性技術者座談会

エントリーはこちら エントリーはこちら