社員紹介 | 建築事業本部 設計本部 山田 直哉 | 矢作建設グループ 採用情報

建物は一点物。物件ごとの経験が自身のレベルアップに。 建物は一点物。物件ごとの経験が自身のレベルアップに。

MESSAGE

人々が安心して利用できる建物をつくるために 人々が安心して利用できる
建物をつくるために

鉄骨造の店舗や工場、倉庫、鉄筋コンクリート造の集合住宅などの構造設計をしています。構造設計とは建物の安全性を確保し、人々が安心して利用できる骨組を設計することです。同時に、経済性や施工性にも配慮し、仮説と検証を繰り返しながら、最善の提案を見出す仕事です。業務内容としては、構造計画から始まり、構造設計書や構造図の作成、審査機関対応、担当物件の現場が始まると、配筋検査や鉄骨製品検査などの現場管理も行います。

会社全体でひとつの建物をつくりあげていく。 会社全体でひとつの建物を
つくりあげていく。

  • 矢作建設工業での仕事のやりがいは、設計施工一貫で物件に取り組むことが多く、計画の初期段階から実施設計、竣工までトータルプロデュースできるところです。手塩にかけた物件がその土地に1/1スケールで建つのを見ると、毎回感慨深いものです。また、引き渡しまでの過程には営業や設計、現場監督や職人の方々といった多くの人間が関わっていきます。いろんな苦労を共にし、多くの人と協力し合いながらひとつの建物を作り上げていくという一体感や竣工時の達成感は何にも代えがたいものです。

自分の成長を実感できる環境

  • 初めて経験する構造形式の担当になるとわからないことが多く、指針を読んだり、過去の類似物件を参考にしながら設計を始めていきます。それでもわからないことは上司や先輩社員に教えてもらうなど、とにかく時間がかかります。提出期限が迫ってくると、気持ちは焦りながらも正確に検討を進めていかなければならないので、最初のうちは苦労しました。ですが、苦労した分その経験が着実に知識として身に着いていくので、物件が終わる度に自分の成長を実感でき、次はもっと頑張ろう!と思えます。

設計は一生勉強!

  • 構造設計は経験によるスキルとノウハウの蓄積により、設計力が培われていきます。現在は免震構造の設計に携わっていますが、これを自分の得意分野としていき、今後もより多くの物件に触れ多くを学ぶことで、設計の幅を広げていきたいです。また、矢作建設工業の強みである設計施工一貫体制を活かして、意匠・設備・現場と密にコミュニケーションを取り合い、チームワークを発揮することで、お客様へより良い建物を提供し続けていきたいです。

キャリアステップ
  • 1年目

    構造設計部に所属し、上司の指導のもと、概略設計および地盤調査等を担当。

  • 2年目

    研究開発のセクションに所属し、新しい制震ダンパーの開発に携わる。

  • 現在

    構造設計のメイン担当者として、免震構造を取り入れた大型マンションの設計を担当。

1日の流れ

POLICY 「仕事のこだわり」 POLICY 「仕事のこだわり」

私は、『一つの建物を完成させるにあたり、構造設計は全体の工程の中の1割にも満たない。 だからこそ構造設計者としては構造だけ見ていれば良いのではなく、意匠のこと、設備のこと、 現場のことを慮ることで、初めて良い構造設計ができる』と考えています。全てを完璧に 理解することは簡単なことではありませんが、互いを知ろうとし合う気持ちを持って 設計することが、より良い建物を作る上で必要な技術者としての心構えだと思っています。

STAFF

エントリーはこちら エントリーはこちら