社員紹介 | 土木事業本部 鉄道施工本部 鈴木 健太郎 | 矢作建設グループ 採用情報

人々の日常を支えているという使命感 人々の日常を支えているという使命感

MESSAGE

現場には頼れる仲間が多くいる

現在私は名古屋鉄道の鉄道高架化に伴う仮線軌道工事の現場で日々業務を行っています。昼間は事業所で書類作成や現場の段取りを行い、工事指揮者として現場管理をします。夜間施工時には昼間の現場以上に失敗が許されない為、先輩社員とともに現場管理をしています。具体的には、協力会社の方々が安全に施工する為の指示や確認と、図面通りに施工されているかの確認を行います。日々状況が変化する現場では、知識だけでなく、現場を把握する能力も必要となります。経験豊富で頼りになる先輩社員や、協力会社の方々に支えられながら毎日の仕事に取り組んでいます。

期待に応える仕事ができた喜び

  • 人々の安全を維持し支えていくためには、施工管理者としてまだまだ未熟だと感じています。しかし、現場の一員として仕事を任せてもらえている以上、期待に応えなければならない、期待に応えたいと思い日々仕事を行っています。自分のイメージ通りに仕事をこなしたり、段取りよく仕事をするということはとても難しいことですが、様々な問題点を克服し、期待に応える仕事ができたときは一番やりがいを感じます。

一人で仕事をしているわけではない

  • 自分の思いを先輩や協力会社の方に伝えたり、相手の言いたいことを理解するということがとても難しいことだと感じています。一つ間違った伝え方をしたせいで、現場を混乱させてしまい余計な仕事・時間を費やしてしまう。また、相手の言いたいことを思い込みで勝手に判断してしまい、事故に繋がることもあると思います。現場で慌てずに済むようにしっかりとした下準備を行うこと、また、様々な問題に対して冷静な判断ができるよう周囲と相談しながら考えることを意識しています。

迷いや後悔は一度もない!

  • 私はこの仕事を選んだことに対して迷いや、後悔をしたことは一度もありません。大変なことも多いですが、それを乗り越えたときの充実感や、達成感に満足しているからです。そして何より、一つのことをやり遂げるまでには必ず誰かがいます。決してひとりぼっちじゃありませんでした。みんなと一緒にがんばれることの嬉しさや楽しさを体感できることはこの仕事の醍醐味だと思います。

キャリアステップ
  • 1年目

    軌道研修や橋梁工事に従事。測量等の施工管理の基礎を学ぶ。

  • 3年目

    軌道の補修や保全を中心に担当し、レールや枕木交換等の責任者となり、経験を積む。

  • 現在

    主任として、名古屋鉄道の高架化に伴う線路新設工事を担当し、現場全体を指揮。

1日の流れ

POLICY 「仕事のこだわり」 POLICY 「仕事のこだわり」

入社する前ですが、現場は堅苦しいものだと思っていました。実際は堅苦しさとは少し違い、 とてもメリハリのある雰囲気で驚きました。また、鉄道の運行に支障をきたすことのないよう、 安全はもちろん、時間内に工事を終わらせるために想像以上の準備や検討と検証を繰り返して いることに驚いたのを覚えています。あの頃の初々しい思いを忘れずに、常に新鮮な気持ちで 仕事を行うことを念頭に、日々の業務を行っています。

STAFF

エントリーはこちら エントリーはこちら