社員紹介 | 建築事業本部 施工本部 柿田 奈菜 | 矢作建設グループ 採用情報

女性特有の視点からモノづくりに貢献したい 女性特有の視点からモノづくりに貢献したい

MESSAGE

最初に学んだのは徹底した安全管理! 最初に学んだのは
徹底した安全管理!

建築工事の施工管理として、主に安全管理、品質管理を担当しています。朝礼や昼礼の進行から、工事写真の撮影及び整理、場内の安全管理、仮設足場材の計画・調達まで任され、日々奮闘しています。入社直後は大型商業施設の現場に配属され、徹底した安全管理について学びました。大規模な現場だからこそ見落としがないよう、毎日広い現場内を歩き回りながら、細部まで点検を行いました。「安全第一」はどの工事にも共通するため、いくつかの現場を経験した今も、入社直後に学んだことは活かされ続けています。

目の前で出来上がる建物に感動 目の前で出来上がる建物に感動

  • 図面上の建物が目の前で出来上がっていく様子にとても感動します。現場はあっという間に変化するため、「先週まではここに足場があったのに」「昨日まではここに壁はなかったのに」と、工程が分かっていても毎日驚きの連続です。このように現場の様子がどんどん変化するのも、現場がきちんと管理され、工事がスムーズに進んでいる現れです。事前準備を入念に行った担当工事が思っていた通りに仕上がった時は、大きな達成感が得られます。

私らしさを発揮する 私らしさを発揮する
  • まだまだ女性技術者が少ない業界ですが、今までとは違う女性特有の視点から、モノづくりに貢献したいと思ったのがきっかけで、施工管理者として建設業界に進もうと決めました。就職活動を進める中で、矢作建設工業は女性技術者の力を必要としてくれていると感じたため、入社を決めました。配属されてからは、女性だからこそできるきめ細やかな管理で、私らしさを発揮しながら現場業務を進めています。

一丸となってより良い建物をつくる 一丸となって
より良い建物をつくる
  • 私は、大学在学中に施工管理という仕事に興味を持ち、いくつもの現場見学会に参加しました。初めて見る工事現場、建物が出来上がる様子にワクワクした気持ちを覚えましたが、入社した今もその想いは変わりません。また、実際に働いてみると、一つの現場で何百人もの人と出会えることに大きな魅力を感じています。「より良い建物をつくる」という共通の目標に向かい、一丸となってモノづくりをする建設現場はとても魅力にあふれた職場です!

キャリアステップ
  • 入社直後

    S造の工事に従事し、現場の安全管理を中心に施工管理の基礎を学ぶ。

  • 入社半年後

    RC造の工事に従事し、躯体工事を中心に様々な工種の管理について学ぶ。

  • 現在

    入社半年後に経験したRC造工事の引き渡しを経て、新しく着工したRC造の工事に従事し、施工管理の経験を積む。

1日の流れ

POLICY 「仕事のこだわり」 POLICY 「仕事のこだわり」

どんなことにも妥協をしない事です。完成を楽しみに待っているお客様やエンドユーザーの方を常に想いながら目の前の工事に携わっています。また、素晴らしい建物をつくり上げるためには現場に関わる全ての方の力が必要です。全員でつくり上げていこうという一体感を大切にするために、協力会社の方々を必ず名前で呼ぶようにしています。そして、『男性にも負けない強さ』を持った、誰からも信頼される女性現場監督を目指しています。

STAFF

エントリーはこちら エントリーはこちら